安全運転管理者制度とは?

安全運転管理者制度とは企業は、公共の道路を使って自動車を運行させることにより、大きな利益を受けています。自動車の利用には、ひとつ間違えば“交通事故”を起こす危険性が伴います。もし事故を起こした場合、多大な損失をこうむるだけでなく、社会にも大きな迷惑や損害を与えることになります。


そこで、道路交通法(以下「法」という)では、一定台数以上の自動車を使用する企業等に対して、自動車の安全な運転に必要な業務を行わせるため、「安全運転管理者」を「選任」し、公安委員会に「届出」させるとともに、「法定講習」を受けることを義務づけています。これが「安全運転管理者制度」といわれるものです。